アフリカ問題学習会

アフリカ問題学習会
「アフリカと日本──その現状と求められるもの」


主催: ナラーラ(奈良県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)
(終了しました)

d0117895_1345143.jpg

日   時: 3月22日(土)午後2時から4時
場   所: 奈良県文化会館第三会議室
講   師: 高林敏之氏  
 
           (西サハラ問題研究室主宰・アフリカ国際関係史研究者・日本AALA理事)
資 料 代: 500円(ナラーラの会員は、無料です)

予約なしで、どなたでも参加できます。

 アフリカのニュースを見たり聞いたりしていると、困難をかかえている国がすくなからずあり、そこでの問題が、アフリカ全体の印象を「紛争の多いところ」にさせているようです。でもチュニジアの粘り強い努力と交渉の結果にもとづく新憲法の制定にみられるように、明るい希望のエネルギーが、多く秘められている地域でもあります。
 2012年3月25日に、ナラーラは、高林敏之氏による「アフリカのこと丸ごとを知りたい」と題した集中講座を開きました。また2013年3月17日には、中東問題研究家の尾崎芙紀氏による「激動する中東情勢を考える──『アラブの春』の現状と展望」と題する講演もききました。今回の講演は、それらも踏まえながら、その後のアフリカの新しい動きも踏まえての、みなさんの興味、関心にこたえての講演です。
 ぜひ、誘いあってご参加ください。

問合せ: 宮城恭子 090-2709-8606  真下 均 0742-24-2213


ナラーラ第12回定期総会
講演会終了後、ナラーラの第12回定期総会を開催します。会員のみなさんはお残りください。
[PR]
by naraala | 2014-02-13 09:58 | 最新のお知らせ
<< 当面の理事会の日程と30分学習... 今のチュニジア >>