大盛況の新年会

d0117895_9571260.jpg新疆ウイグル自治区の舞踊と伝統楽器演奏
楽しいひとときを過ごしました

ナラーラ2012年新年会

d0117895_953463.jpg

「戦争のない平和な世界を目指し、友情と連帯を広げる新しい年にしましょう。お互いの文化を共有し、お互いを知り、学び、平和への連帯を深めましょう」というよびかけで開かれたナラーラ(奈良県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)の新年会は、1月21日(土)午後2時から、奈良市南京終町にある「おかたに病院」二階の多目的室でひらかれました。

50人が参加しましたが、半数がナラーラの会員以外の方でした。新疆ウイグル自治区から日本に留学しておられるジャミラ・ウライムさんと、ニジャット・ウメルさんを迎えて、映像を見ながら、新疆ウイグル自治区の生活と文化についての説明を聞きました。その間に、ジャミラ・ウライムさんお手製のウイグル風の雑炊(ショウグルシュ)がふるまわれ、みんな舌鼓をうっていました。

d0117895_1022560.jpg美しい民族衣装に身をつつんだジャミラさんの説明で、新疆ウイグル自治区は、東西のシルクロードの舞台となったところで、北にアルタイ山脈、中央には天山山脈、南は崑崙(こんろん)山脈、その間はタクラマカン砂漠(自治区の四分の一を占めている)と高山と砂漠が占めているが、緑豊かな地域もあり、リンゴやナシ、スイカ、モモやスモモ、ブドウなど果樹も多くあることが紹介されました。また、ウルムチなどの年では現代の高層建築が立ち並んでいる様子も示されました。

d0117895_9592253.jpgこのあと、ジャミラさん、ニジャットさんのウイグル伝統の舞踊や歌、ウイグルの楽器の演奏で、みんなを大いに楽しませました。ジャミラさんは、NHKのど自慢にでて、合格の鐘をならした日本の歌「異邦人」も披露、さいごは、ウイグルの音楽に合わせて、みなさんも参加しての踊りを楽しみました。

参加者のなかには、新疆ウイグル自治区へ旅行したことがある方々もおられ、ジャミラさん、ニジャットさんと親しくく懇談しておられました。


ジャミラ・ウライムさん
現在、兵庫県立大学大学院博士課程後期で勉強中です。幼少から新疆ウイグル自治区の少年芸術団で歌と舞踊を学び、テレビ番組にも出演。歌手コンテストでも多くの賞を受けてこられました。
来日以来、ダンスと歌を通じて、日本と中国の文化交流に貢献してこられました。

ニジャット・ウメルさん
現在、兵庫県にある関西学院大学総合政策学部メディア情報学科で勉強しておられます。新疆ウイグル自治区のウルムチ市の出身。音楽家の父親の影響で、ウイグル伝統楽器ダッブの演奏を学ばれました。
2006年に高校を卒業して、同年10月に来日されました。
お二人とも、トルコなどテュルク語を話す民族の後裔です。
[PR]
by naraala | 2012-02-23 10:03
<< 集中講座 アフリカ問題 歴史と教育を考える市民の集い ... >>