<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お知らせ

お蔭さまで、
緒方靖夫さんの講演には66人の参加
奈良県農民連のTPP問題の学習会には26人
飛鳥の歴史探訪には25人の参加で
学習と交流のつどいは成功しました
ありがとうございました。



アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
近畿ブロック学習と交流のつどい

歴史ロマンあふれる飛鳥の里で
 近畿各県からつどい
  世界の情勢、TPPについて学び、交流を深め
   日本の閉そく状況を打ち破る、AALA運動の発展を目指しましょう


どなたでも、自由に参加できます。

日  時: 2012年5月19日(土)13時30分~20日(日)16時30分
場  所: 飛鳥寺研修会館・修徳房(☎ 0744-54-3091)
費  用: 宿泊者(夕食交流会・朝食を含む)   10,000円
          日帰り夕食交流会まで        5,000円
           一日目講演のみ           1,500円
             20日のみ             1,000円

 日本AALAの全国大会は二年に一回です。大会のない年は、各ブロックで学習と交流をすることにしています。今年は、奈良県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(ナラーラ)がお世話をして、飛鳥の里で実施することになりました。
 世界の情勢を学び、TPPについて農民連との学習・交流、そして近畿ブロック会員の交流を深めるつどいにしたいと考えています。
 ぜひご参加ください。

会場へのアクセス
橿原神宮前駅(南大阪線・橿原線)より岡寺前行きのバスに乗り、飛鳥大仏バス停で下車(所要時間は約10分

日  程

1日目(19日)

13時30分  開会あいさつ
14時00分  講演「激動し前進する世界情勢──日本の進む道は──」
        日本共産党副委員長 緒方靖夫氏
15時30分  休憩
15時50分  質疑応答・意見交換
17時00分  閉会あいさつ
18時00分  夕食交流会

2日目(20日)

 9時00分  奈良県農民連との学習・交流
         「『TPP』は日本をだめにする」
12時00分  閉会
会場外で昼食
13時30分~16時30分
        “あすか歴史探訪” 現地ガイドの案内で

申し込み・連絡は宮城恭子(☎090-2709-8606)まで

飛鳥寺(あすかでら) 
奈良県高市郡明日香村にある寺院。蘇我氏の氏寺で、日本最古の本格的寺院でもある法興寺(仏法が興った寺という意味)の後身です。本尊は『飛鳥大仏』と通称される釈迦如来。開基(創立者)は蘇我馬子です。 
[PR]
by naraala | 2012-03-29 13:56

集中講座 アフリカ問題

―――集中講座―――
『アフリカのこと
丸ごと知りたい』


アフリカはどちらかというと遠くて未知の大陸でした
ところが昨年1月のチュニジア、エジプト、リビア等の歴史的政変以降、テレビや新聞を通して北アフリカや中東がものすごく大きい身近な存在となっています。
もっと知りたい、もっと勉強したいとの思いで企画した今回の集中講座。講師はお馴染みアフリカ問題のスペシャリスト・高林敏之氏。高林氏は前衛1月号で論文「北アフリカ革命」――その歴史的意義と試練 を発表。興味深い集中講座に是非ご参加ください。

 3月25日(日)・午後1時~5時半
 場所  奈良県文化会館第3会議室
 講師  高林敏之氏(日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
              常任理事・早稲田大学非常勤講師・西サハラ問題研究室主宰)
 
   

■ 第一講座 アフリカ近現代の歩み           1時~2時半  
■ 第二講座 アフリカにおける民主化のうねり     2時半~4時
■ 第三講座 日本はアフリカとどう関わってきたか   4時~5時半


★ 参加費  1講座参加:500円  2講座以上参加:1000円   

問い合わせ:宮城恭子(090-2709-8606)、真下 均(0742-24-2213)

主   催:ナラーラ(奈良県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)
[PR]
by naraala | 2012-03-07 14:04